ロッくんの調理場

料理下手な男のクッキング

健康体目指してヨーグルト量産計画

毎日の食生活って大事です。先日、急に腰痛が🤢急いで病院へ。

ロッくん  「先生、私の骨に何か異常があるのですか?」

先生  「骨は異常はありませんが内臓が不健康で、腰に負担が来てますね。食習慣の改善をしないとダメですよ。」

マジか!😨これは、真面目に考えないと・・・どうしよう???

と言う事で、今回はヨーグルトを量産して沢山食べる事にしました。   

材料

f:id:Lock-on:20190701191801j:plain

  • 乳脂肪分が濃い牛乳  900ml使用
  • 低脂肪牛乳 900ml使用
  • 明治 プロビオヨーグルト LG21  2カップ(90g×2使用)
ただ作っても面白くない、料理研究家ロックオンと名乗りたい😏ので「乳脂肪分の違いで完成したヨーグルトの味は変わるのか?」を研究しようと思いまして・・・その前に完成するのだろうか??

用意した物

f:id:Lock-on:20190701191536j:plain

ヨーグルトは発酵食品、40℃で菌の繁殖が盛んになるらしいので温度キープの為に炊飯器を使う事にしました。

f:id:Lock-on:20190701191622j:plain

1Lタイプの保存ビンを2個用意しました。

ヨーグルト菌以外の菌は要らない!ビンの除菌に食品用アルコールスプレーも用意。

f:id:Lock-on:20190701191651j:plain

40℃にキープする為の温度管理に温度計も購入しました。

 

混ぜる

f:id:Lock-on:20190701195946j:plain

ビンを洗いスプレーで除菌して、乳脂肪分が濃い牛乳から作りました。保存ビンに牛乳を900ml注ぎ(ビンが1Lタイプの為あふれるので)ヨーグルト LG21を90gを入れ、混ぜます。   

保温する

f:id:Lock-on:20190701201249j:plain

釜に水かお湯を注ぎ、牛乳とヨーグルトを混ぜた保存ビンを漬けます。

最初は保温だけで温度を40℃にしようと思ったのですが、うまく温度が上がらず。

炊飯で1度40℃にしてから止め、温度が下がると保温で少し温度を上げ40℃をキープ。上がりすぎると又止めての来り返しで行いました。(10分保温して止め30~60分様子を見ながら温度が下がると保温10分の来り返し)

60℃以上になると菌が死滅してしまうみたいなので温度が上がり過ぎないように。😨  

3時間後

f:id:Lock-on:20190701203219j:plain

ビンを揺らすと固形になってきてるのが分かりますが、まだです。

5時間後

f:id:Lock-on:20190701203351j:plain

フタを空けると明治プロビオヨーグルト LG21の匂い?菌の匂い?が強く香ります。まだしっかり固まって無い+まだ牛乳風味が残ってますが、ココで終了する事に。

冷蔵保管

熱を冷ますのと、もう少し固形になってくれるかな?と思い冷蔵庫に入れました。   

低脂肪牛乳で作る

f:id:Lock-on:20190701205125j:plain
炊飯器が小さいのと時間がかかった為、次の日に低脂肪牛乳で作りました。作り方は同じなのでカット!

f:id:Lock-on:20190701231743j:plain

同じ様に作ったつもりでしたが、こちらはかなり分離していました。混ぜ方・量・温度と色々原因はありそうです。   

完成

f:id:Lock-on:20190701205306j:plain

冷蔵庫に一晩寝かせました。冷蔵庫でも発酵は進むみたいです。固まり方は変わって無いですが、牛乳風味が無くなりました。両方共に硬化がゆるい。作り方が悪いのか??

味は、

乳脂肪分が濃い牛乳で作った物は、濃い感じで大量には食べれません。。

低脂肪牛乳で作った物は、若干あっさりして食べやすい。まぁ大量には要らないかな?

両方共に果物を入れて一緒に食べるとかなり美味しいと思います。健康にも良さそうだし。😋

ココで私の疑問・・滅多に料理しない私でも炊飯器ぐらいは有るとしても、温度計・保存ビン・除菌スプレー・材料と購入してたら値段的にどうなんだろう??手間も考慮すると完成した物を買う方がお得じゃない??🙄